『ミシュランガイド東京 2020』出版記念パーティ開催。ぐるなびとの共同運営サイト「クラブミシュラン」から一般招待客も来場!

美食家たちが発表を楽しみにしている『ミシュランガイド東京2020』の出版記念パーティが開催。星付きに掲載されたレストランは226軒にのぼり、東京は今年も「世界一、星の数が多い美食の都市」と称えられた。

URLコピー

掲載店舗464軒、新規掲載55軒。東京は競争力があり、変化が早い美食の都市

三つ星として掲載されたた11軒の料理人・シェフが壇上に勢ぞろい。会場からは祝福と賞賛の惜しみない拍手が送られた。13年連続で三つ星に掲載された店は3軒、二つ星から評価を上げた店は1軒だった

 20世紀の始まりとともに誕生し、2020年に120周年を迎える『ミシュランガイド』は、独自の調査基準でレストランや宿泊施設を紹介し、食文化の発展と旅の楽しみを拡大してきた。東京では2007年、アジアで初めてとなる『ミシュランガイド東京2008』を発行して以来、毎年、掲載店舗を更新。最新のセレクションを掲載した『ミシュランガイド東京2020』は11月29日に全国で発売の運びとなり、それに先立つ11月26日、東京プリンスホテル(東京・港区)で出版記念パーティが盛大に開催された。会場には掲載店の料理人・シェフや関係者、報道陣らが多数来場。『ミシュランガイド東京2020』の出版を祝い、掲載店の栄誉を称えた。

 冒頭、挨拶に立った日本ミシュランタイヤ株式会社のポール・ペリニオ代表取締役社長は、「今年も新しい三つ星の店が1軒誕生しました。二つ星、一つ星にも新たな掲載店があり、競争力が高く、変化が早い東京の特徴を表しています」と解説。さらに「2020年は世界中から多くの観光客が訪れ、東京での食事を楽しみにしていることでしょう。掲載された飲食店に多くの人が訪れ、素晴らしい食事を体験していただくことを願っています」と呼びかけた。

 今回の掲載店は464軒。三つ星11軒、二つ星48軒、一つ星167軒で、星付きレストランは226軒となり、東京は今年も「世界でもっとも星が多い都市」となった。このうち、新たに三つ星に加わった1軒は、昨年の二つ星から評価を上げたもの。また、二つ星は新規掲載が1軒、昨年から評価を上げた店が2軒、一つ星には19軒が新規に掲載された。さらに、価格以上の満足感を得られる「ビブグルマン」として238軒を掲載。そのうち35軒が新規掲載となった。また、宿泊施設として1軒の旅館と33軒のホテルがセレクトされ、そのうち2軒が新規掲載の施設だった。

 会場では、新ビブグルマン、新一つ星・新二つ星掲載店、そして三つ星掲載全店の料理人・シェフが、それぞれレッドカーペットを通ってスポットライトを浴びながら登壇。レッドカーペットの両側には関係者が立ち、シェフと握手やハイタッチを交わして喜びを分かち合い、会場は華やかな活気に包まれた。

冒頭、挨拶に立った日本ミシュランタイヤ株式会社のポール・ペリニオ代表取締役社長。「早いもので、東京での出版記念パーティは13回目」と晴れやかな笑顔で語った
ビブグルマン、一つ星、二つ星の新規掲載店と三つ星掲載の11軒の料理人・シェフがレッドカーペットを通って登壇。関係者らとハイタッチを交わし祝福に応えた
壇上では、料理人やシェフが、ポール・ペリニオ氏、ミシュランマンと記念撮影。満場の拍手と喝采を浴びた
会場には、ミシュランガイド公式会員制サイト「クラブミシュラン」のブースが設けられ、同サイトの情報やサービスの内容などが案内された

初の試みとして「クラブミシュラン」会員から一般客を招待掲載店のシェフと喜びを共有

 今回の出版記念パーティでは初めての試みとして、ミシュランガイド公式会員制サイト「クラブミシュラン(CLUB MICHELIN)」(日本ミシュランタイヤ株式会社とぐるなびで共同運営)から、一般客を招待。これは、「ミシュランガイド」を愛する美食家にも最新セレクションの発表の場に立ち合っていただき、その魅力を体感してもらうために企画されたものだ。招待枠10組20人に対して約40倍の応募があり、関心の高さをうかがわせた。実際に来場した札幌在住の母娘は、「以前からファンだったシェフの店が、今年は選ばれるのではないかと期待して応募しました。予想どおり選ばれ、レッドカーペットを歩くシェフの姿を間近に見ることができてよかったです」と喜びを語った。

 「クラブミシュラン」では、国内で発刊されているすべてのミシュランガイドのセレクションをWEB・アプリから検索・閲覧できるほか、特典付きコースの予約やコンシェルジュサービスを提供している。また、会場では、来場者に一般発売に先立って『ミシュランガイド東京2020』が配布され、会場は熱気に包まれたまま散会となった。