心身の健康を意識する消費者が増加。健康をサポートするメニューの関心が高い

ぐるなびではぐるなびユーザーを対象に、「心身の健康の意識」についてアンケート調査を実施。心身の健康で特に意識していることや食生活において意識していること、健康をサポートする食品の利用意向などを聞いた。

URLコピー

 新型コロナウイルスの感染拡大以降、心身の健康を見つめ直す人が増えている。では、どんな層がどのように健康を気遣っているのか。全国のぐるなびユーザーへのアンケート結果から、「健康マインド」の今を探った。

今回、紹介するデータは「健康マインドの今」(ぐるなび調べ)
回答者数 20~69歳の男女1098人(男性539人、女性559人)
調査時期 2021年3月26日(金)~29日(月)
※アンケート結果は、「ぐるなびPRO for 飲食店(管理画面)」にログインした後、こちらからダウンロードできます(ぐるなび加盟店のみ)。

生活様式が大きく変化し、どの年代でも健康志向が高まる

 図1は、この1年で身体と心の健康についての意識(健康マインド)が、どのように変わったかを聞いたアンケート結果。1年で以前よりも「身体の健康」を意識するようになったという人は72.2%。「心の健康」は63.6%の人が意識するようになったと回答した。コロナ禍によって生活様式が大きく変化したことから、消費者の意識も変化しているといえそうだ。

 こうした身体と心の意識の変化を合わせた「健康マインド」の構成比を見ると(図2)、心身両方の健康を意識するようになった人の割合は58%と過半数を占めており、身体と心の「健康マインド」を意識する傾向が高まっていることがうかがえる。

 図3は、「健康マインド」を4つの層に分け、それぞれについて性別と年代の構成比をまとめたもの。これを見ると「心身とも健康を意識するようになった」層は女性が56%とやや多く、年代では偏りは見られなかった。また、「心の健康のみ意識している」層も女性が57.4%と多く、年代別では40代が37.7%と最多だった。

 一方、「身体の健康のみ意識している」層は男性が54.5%と多いほか、60代の比率が高く、年齢が高くなると身体の健康を気遣う傾向がありそうだ。

 「身体や心の健康で特に意識していること」を聞いた図4では、「ストレス解消・ストレスをためない」(40.6%)が最も多く、そのほか「十分な睡眠・睡眠の質の向上」(39.5%)、「体重管理・ダイエット」(39.1%)、「体調管理・免疫力の維持・向上」(38.8%)が続く。特に、心身とも健康を意識する層では、ほぼ全ての項目で全体の数値を大幅に上回った。中でも「体調管理・免疫力の維持・向上」(48.8%)への関心が非常に高かった。

外食でも健康を意識したメニューの需要が高い傾向に

 外食での「心身の健康をサポートするメニュー」の利用について聞いた図5では、外食で「ぜひ利用したい」(16.6%)、「利用したい」(30.4%)という人が47%を占めた。心身とも健康を意識する層では57.5%と特に多く、健康を意識したメニューに関心が高まっていると言えそうだ。

 そして「今後(も)とりたい食品・料理」(図6)を聞いところ、α-リノレン酸やEPA、DHAなどを豊富に含む「オメガ3系の油」(27.7%)が最も多く挙がった。次に高タンパク質の「プロテインバー・パウダー、プロテイン強化食品」(14.1%)、チアシード・キヌア・スピルリナ・アサイー・カカオニブなどの「スーパーフード」(13.6%)と続く。高い健康効果が期待できる食品や、ダイエット・筋トレに最適な高タンパク・低糖質な食品、栄養バランスに優れたスーパーフードなどに関心が集まっており、外食メニューでも積極的に取り入れると関心が高まるかもしれない。

 このほか、「健康マインド」をまとめたこの調査では、「積極的に食べている食材」や「外食をするときに大事だと考えていること」、「環境への配慮の高さ」なども掲載している。ぜひ、下記からダウンロードして、参考にしていただきたい。

アンケート結果レポート「健康マインドの今」

※「アンケート結果レポート」は、ぐるなび加盟店のみ閲覧・ダウンロード可能です
※「ぐるなびPRO for 飲食店(管理画面)」にログインした後、上記からアクセスしてください

※本記事の情報は記事作成時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新の情報はご自身でご確認ください。

ぐるなび通信をフォローする