外食のリピート率が上昇!「繁華街の店」の複数回利用も復調傾向に~今、リピートされる飲食店の特徴~

ぐるなび会員を対象に「リピートした飲食店の特徴」について調査を実施。7割が「この半年で外食で複数回利用した店がある」と回答し、昨年比では12ポイント増加。リピートした店の立地では「繁華街」が増えている。

URLコピー

目次
外食のリピート率が昨年よりも12ポイント上昇。繁華街への客足も回復傾向に
親しい人との外食でリピート率が堅調。飲食店ならではの味を求める声も

 ぐるなびでは、2022年3月にぐるなび会員を対象として「リピートした飲食店の特徴」についてアンケートを実施した。「この半年で、複数回外食で利用した店がある」と7割が回答しており、昨年同時期と比べて増加。立地は「自宅の近く」が最多だったが、「繁華街・ショッピングスポット」にある店の利用も伸びている。リピートした店の決め手は「食べたい料理がある」「料金がリーズナブル」などの理由が多く、「できたてを食べたい」「家で食べられない料理を食べたい」など、外食ならではの良さを求める声も目立った。

 それでは以下より、リピートされる飲食店の特徴について、アンケート結果をもとに詳しく見ていこう。

今回、紹介するデータは「リピートされるお店の特徴」(ぐるなび調べ)
回答者数 20~69歳の男女977人(男性472人、女性505人)
調査時期 2022年3月1日(火)~3日(木)
※アンケート結果は、「ぐるなびPRO for 飲食店(管理画面)」にログインした後、下記からダウンロードできます(ぐるなび加盟店のみ)。
アンケート結果レポート 「リピートされるお店の特徴
※未加盟の場合は、下記をご覧いただき、お問合せください。

外食のリピート率が昨年よりも12ポイント上昇。繁華街への客足も回復傾向に

この半年で複数回外食した店が「ある」と答えた人が70%となり、昨年に比べると12ポイント増加。性別では男性が72.9%、女性が67.3%に。年代別では20代、50代のリピート率が7割を超えた

 図1では、この半年で複数回外食した店があるか聞いた。70%の人が「ある」と答え、昨年同時期に行った調査結果に比べ、12ポイント増加した。性別では男性(72.9%)が、年代別では20代(74.5%)、50代(73.1%)で、高い数値となった。

複数回利用した店の立地は、「自宅の近く」(64.5%)、「繁華街・ショッピングスポット」(23.4%)、「職場(または学校)の近く」(21.3%)が上位に。昨年に比べ「自宅の近く」は数値が減少しており、「繁華街・ショッピングスポット」は増加した

 図2では、複数回外食した店の立地をグラフ化した。2022年も引き続き「自宅の近く」が最多(64.5%)だが、2021年よりも減少している。一方で、「繁華街・ショッピングスポット」(23.4%)が昨年に比べ増加しており、賑やかな場所にも客足が戻りつつあることが伺える。

【こちらもチェック!】
飲食店のためのLINE活用講座~効果的に友だち獲得&リピート促進!~

親しい人との外食でリピート率が堅調。飲食店ならではの味を求める声も

複数回外食した店の利用シーンとしてランチの「家族で」(41.2%)が最多。ランチ「ひとりで」(35.8%)、ディナーの「家族で」(32.5%)と続く。昨年と比較すると、「飲み会 合計」(11.9%)の数値が高くなった

 複数回外食した店の利用シーン(図3)を見ると、ランチでは「家族で」(41.2%)、「ひとりで」(35.8%)が上位に。ディナーでは「家族で」が32.5%と最も多く、ランチとともに親しい人との外食でのリピート率が高い様子がうかがえる。一方、「飲み会 合計」では5ポイント上昇しており、飲み会でリピートの機会も割合としては低いものの増えている。

複数回外食した店の利用の決め手では「食べたい料理がある」(47.8%)がトップ。「料金がリーズナブル」(46.5%)、「自宅から近い・行きやすい」(39.2%)、「とにかくおいしい」(32.6%)が続く

 図4では、複数回外食した店の利用の決め手について、2022年のアンケートをグラフ化した。「食べたい料理がある」(47.8%)、「料金がリーズナブル」(46.5%)、「自宅から近い・行きやすい」(39.2%)、「とにかくおいしい」(32.6%)が上位を占めた。自由回答では「できたて・新鮮なものを食べたい」「家で食べられない・食べにくいものを食べたい」などの意見があがり、飲食店ならではの味や体験を求める人も多いようだ。

 図4のグラフにはないが昨年の調査結果と比べると、「自宅から近い・行きやすい」(2021年46.7%→2022年39.2%)、「コロナ対策をしている」(2021年22.2%→2022年12.3%)は数値が減少。自宅から離れた店にも出向く人が多くなったこと、飲食店でのコロナ対策は定着していることから優先度が下がったことが推察される。

テイクアウトとデリバリーのリピート率では、テイクアウトでは30.6%、デリバリーでは16.5%となった

 この半年で複数回同じ店をテイクアウト・デリバリーで利用したことがあるかを聞いたのが図5。テイクアウトで「ある」と回答した割合は30.6%、デリバリーでは16.5%に。図1で示したとおり、外食では70%という結果だったため、テイクアウトではその半数以下、デリバリーでは4分の1以下となり、外食よりもリピート率が低い結果となった。

 「リピートされるお店の特徴」をまとめたこの調査では、上記のほか「外食でリピートされるお店のジャンル」「テイクアウトでリピートされるお店のジャンル・決め手・立地」「デリバリーでリピートされるお店のジャンル・決め手」なども掲載している。ぜひ、下記からダウンロードして、参考にしていただきたい。

アンケート結果レポート「リピートされるお店の特徴

※「アンケート結果レポート」は、ぐるなび加盟店のみ閲覧・ダウンロード可能です
※「ぐるなびPRO for 飲食店(管理画面)」にログインした後、上記からアクセスしてください

ぐるなびに加盟していない飲食業の方は下記からお問い合わせください。
資料請求・お問い合わせフォーム

こちらからお問い合わせいただくと、全てのデータが掲載されたフルレポートをダウンロードいただけます。
※お問い合わせ種別は「商品に関する資料のご請求」をお選びいただき、ご希望の資料にチェックを入れてください。

飲食業以外の法人企業の方は下記からお問い合せください。
ぐるなびマーケティングソリューション