体験型で魚のさばき方を伝授し、刺身とともに楽しむ

築地はじめ鮮魚店-「魚食を広めつつ、店を多くの人に知ってもらい」と、「魚のさばき方教室」として参加者自ら魚をさばく体験型で開催。自分でさばいた刺身をドリンク飲み放題とともに楽しめる。-シェフの日通信

URLコピー

Vol.51

体験型で魚のさばき方を伝授し、常連のほか、新規も開拓!参加者でつくる「さばき会」も好評

はじめに、カウンター越しにイサキのさばきを実演する渡邊氏。きれいにさばくための包丁の入れ方などをていねいに説明

自分でさばいた魚の刺身を飲み放題とともに楽しむ

鮮魚を扱って培った目利きと、築地での人脈、独学で覚えた魚料理の確かな腕を持つのが、「築地はじめ鮮魚店」店主の渡邊一氏。毎日、築地市場で魚を仕入れ、1階の立ち飲みスペースで提供。魚の販売も行い、2階には最大18名の宴会が可能な座敷席もある。

「いい魚は手を加えすぎない方がおいしい。刺身、塩焼き、煮魚を中心に、魚そのものの力で勝負したい」と渡邊氏。新鮮さもさることながら、魚の管理・熟成方法も熟知しているためロスが少なく、いい魚をリーズナブルに提供できるところが大きな強みだ。ランチも営業し、昼夜とも近隣の住民やビジネス層など、数多くの常連が訪れる。さらに、ぐるなびのECサイト「ぐるすぐり」で「海鮮カレー」などの通販を行い、販路の拡大にも努めている。

この続きはPRO会員限定記事です。
PRO会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。