ぐるなび外国語版でメニューブックを多言語化

昼はセルフスタイルの讃岐うどん、夜は「串カツ居酒屋」として営業する「愉々家」。当初から外国人客が多かったが、「LIVE JAPAN」や「ぐるなび外国語版」の活用により来店数が増加している。

URLコピー

インバウンド獲得対策の今─ vol.49

ぐるなび外国語版でメニューブックを多言語化 劇的に接客のオペレーションが向上!

年々増加傾向にある訪日外国人観光客(インバウンド)。ビジネス等で長期在日する外国人も対象に、言葉の違い、文化の違いを乗り越え、様々な工夫で集客を図る飲食店の取り組みをレポート。

外国人客はカード払いがほとんど。各種クレジットカードが使えることをレジに提示

「外国語メニュー有り」で歓迎の意と安心感を提供

昼はセルフスタイルの讃岐うどん、夜は「串カツ居酒屋」として営業する「愉々家(ゆゆや)」は、JR大井町駅前の商業施設1階に2014年オープン。大井町はJRと私鉄の計3線が乗り入れ、羽田空港へのリムジンバスも発着するなど、交通の利便性は抜群だ。「上層階には客室数が1000を超える大型ホテルがあり、オープン当初から外国人観光客も集客の対象でした。近年は中国や台湾などの東アジア圏を中心に、欧米人を含めて毎日外国人のお客様がいらっしゃいます。3世代10名以上の団体も珍しくありませんね」と、株式会社 麦の穂 営業本部フード営業部の明楽政彦氏は話す。

この続きはPRO会員限定記事です。
PRO会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。