外国人のニーズに合わせて神戸牛を提供。生演奏で国歌なども演奏

神戸ハーバーランドを拠点に、明石海峡を周遊するレストランシップ「コンチェルト」。近年はアジア圏からの乗船客が増加し、外国人の約8割が団体客で、受け入れ体制の整備に力を注いでいる。

URLコピー

Vol.52

神戸船の旅 コンチェルト(兵庫・神戸)

神戸牛をアピールした鉄板焼きコースが人気

 神戸ハーバーランドを拠点に、明石海峡を周遊する約2時間のクルーズを楽しめる“レストランシップ”「コンチェルト」。近年は中国や台湾、タイなど、アジア圏からの乗船客が増加しており、外国人の約8割が団体客。トリップアドバイザーや様々なSNSなどでの口コミも評判となって、個人客も増え、英語表記の航路案内を用意するなど、集客だけでなく受け入れ体制の整備にも力を注いでいる。

この続きはPRO会員限定記事です。
PRO会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。