古民家空間とA5神戸牛。行き届いた接客で外国人ファンを獲得

東京・銀座にある「銀座 牛庵」では外国語メニューブックの作成に早くから取り組み、英語、中国語版を用意。料理写真や食材、調理法は「ぐるなび外国語版」にも加盟して情報を発信している。

URLコピー

Vol.57

銀座 牛庵(東京・銀座)

スタッフ各自が切磋琢磨し、接客のスキルアップに尽力

 2017年4月に開業した、東京・銀座の複合商業施設「GINZA SIX」。その裏手の一角にあるのが、1986年創業の「銀座 牛庵」だ。地下へ続く階段を降りて扉を開くと、そこは古民家のよう。土間の奥には囲炉裏があり、太い梁や階段箪笥が和の美を醸し出す。「創業時、店を手がけていただいた大工さんのご親戚の、福島にある庄屋が取り壊すことになり、その梁や柱を譲っていただき内装に使っています」と話すのは、女将の松野洋子氏。その空間で提供するのは、A5ランクの神戸牛。創業時はステーキのみだったが、やがてしゃぶしゃぶやすき焼きもメニューに組み込んだ。ランチでは神戸牛のほほ肉を使う「神戸牛ハンバーグ」(990円)なども提供し、昼夜それぞれにファンを多数獲得している。

この続きはPRO会員限定記事です。
PRO会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。