2018/11/20 特集

注文率も、期待感も、印象度もアップ! メニューが際立つネーミング術

メニューを決めるとき、メニュー名は注文率や店への印象につながる重要な要素。そこで、名前の付け方を工夫して期待感を高めている事例を紹介。ワードセンスや遊び心が光るネーミング術を参考にしてみては。-特集

URLコピー

飲食店でメニューを決める際、“料理名”は、注文率や店への印象に大きな影響を与える重要な要素。そこで、名前の付け方を工夫して料理の特徴を効果的に伝えたり、ユニークな表現やインパクトのある言葉で期待感を高めている店を紹介。ワードセンスや遊び心が光るネーミング術を参考にしてみては。

“わかりやすく、楽しい”を基準に印象に残るメニュー名を追求

【千葉・成田】今宵、成田で世界の肉料理とごほうびワインを

誰もが想像する懐かしい味を「おかんの」で表現。「自家製」「山盛り」という売りのポイントに加え、「のっけ」で印象的な語感に。670円

ワンフレーズ加えただけで注文が2倍に増えた例も

この続きはPRO会員限定記事です。
PRO会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。