2015/03/24 特集

新規出店→成功へのカギ Q&Aで疑問解決! 失敗しない物件選び

独立・開業を考えている人や、新たに店舗を出店しようとしている人にとって、物件選びは最初で最大の関門。そこで物件を決める際の戦略とポイントを、コンサルタントの井澤岳志氏に教えてもらった。

URLコピー
独立・開業を考えている人や、新たに店舗を出店しようとしている人にとって、物件選びは最初で最大の関門。これに失敗すると、閉店せざるを得ない状況になることも少なくない。そこで物件を決める際の戦略とポイントを、コンサルタントの井澤岳志氏に教えてもらった。
株式会社ライズウィル 代表取締役井澤 岳志氏1976年、富山県生まれ。大学卒業後、北陸最大のコンサルティング会社に就職。2005年に独立して株式会社ライズウィルを設立。「低リスク」と「現場主義」を貫き、飲食店の開業支援や店舗再生などを手がけ、継続支援店舗における売上アップ成功率が94.1%に達するなど、結果を出すコンサルタントとして活躍する。また、北陸で2店舗、台湾で1店舗、飲食店を経営するほか、テレビや雑誌、全国各地の商工会議所、商工会での講演でも活躍。著書に「7つの超低リスク戦略で成功する飲食店『開業・経営』法」、「小資本・低リスクで繁盛店をつくる はじめての飲食店開業の教科書」(ともに日本実業出版社)などがある。

3年以内に7割閉店の現実。失敗しない戦略が不可欠!

「新規開店する飲食店の実に7割が、3年以内に閉店しています」と、コンサルタントの井澤岳志氏は、まず厳しい現実を語った。その背景の1つには、「駅前で人どおりが多い立地だから」などの理由だけで、安易に出店を決めるケースが数多くあるという。

この続きはPRO会員限定記事です。
PRO会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。