2016/01/19 特集

場所が悪くても人は来る! 立地に負けない繁盛戦略

近年、いわゆる悪立地ながら連日賑わう店も少なくない。現在の外食業界にとって、立地が持つ意味とは、そして悪立地に負けない店づくりとは? フードビジネスコンサルタントの石田義昭氏に聞いた。

URLコピー

かつて、「飲食店は立地が7~8割」と言われ、店がある場所の良し悪しが繁盛の大きな決め手とされた。だが近年、いわゆる悪立地ながら、連日賑わう店も少なくない。現在の外食業界にとって、立地が持つ意味とは? そして、悪立地に負けない店づくりには何が必要なのか? フードビジネスコンサルタントの石田義昭氏に聞いた。

立地の価値は時代で変化。繁盛の絶対条件ではない!

株式会社FBA 代表取締役
フードビジネスコンサルタント
石田義昭 氏経営コンサルタントとして約30年、「無敵の飲食店づくり」をテーマに、国内はもちろん、海外進出における経営支援なども行っている。「顧客誘導と飲食店経営」を理論体系化し、3~5坪の小さな店から大型店まで、1500店以上を直接指導。超繁盛店や多店舗展開する企業を多数輩出。10年以上の指導を受ける顧問店も数多い。さらに、大規模な商業施設のプロデュースなども手がけ、飲食関連企業の講演、セミナー、執筆など、幅広く活躍している。

確かに、飲食店にとって立地は非常に大事なもの。しかし、「いい立地は繁盛するための有利な条件ではあっても、絶対条件ではない」と、コンサルタント・石田義昭氏は指摘する。もちろん、そこに出店するだけで人が入るという立地はあるが、それでも、ずっと入り続けるとは限らないからだ。逆に2等立地や3等立地と言われる場所立地の価値は時代で変化繁盛の絶対条件ではない!でも、店の取り組みいかんでは、集客に成功することは十分可能であり、「そうなれば、そこが店にとっての1等立地になる。2~3等立地を1等立地に変える力が、飲食店にはあるのです」(石田氏)と、断言する。

この続きはPRO会員限定記事です。
PRO会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。