2024/01/25 特別企画

スムーズな店舗運営を約束する、飲食店の効率化テクニック5選

この記事では、飲食店経営の効率化について説明しています。モバイルオーダーシステムの導入による迅速な注文処理、自動化による在庫管理、効果的なマーケティング戦略、シフト管理とキッチン作業の効率化など、具体的なテクニックを紹介します。店舗運営をスムーズにし、従業員と顧客の満足度を高め、飲食店の長期的な成功と快適な作業環境実現のため、ぜひ参考にしてください。

URLコピー

飲食店経営において、効率化は成功へのカギとなります。日々の業務や雑務をいかにスムーズに、かつ効率よく進めるかは、店舗運営の大きな課題です。

効率化に向けては、積極的にデジタル化(DX化)を進めるのが、今の時代は最適解と言えそうです。過去に、飲食店の店舗運営においてデジタル化はどの程度必要だと思うか?というアンケート調査の記事を紹介しています。その結果、「必要」と考えている店舗は76%という高い結果になりました。内訳では「必要だと考えて進めているが、不十分」(39%)が最多で、次に「必要だと考えているが、進められていない」(26.2%)と続き、まだツール・システムを活用しきれていない店舗が多い様子がうかがえます。逆に言えば、あなたのお店の効率化を図り競合店に一歩リードするには、デジタル化は必須といえそうです。

この記事では、飲食店のオーナーやマネージャーが日常的に直面する課題を解決するための5つの実践的なアプローチをご紹介します。注文受付の改善から、在庫管理、マーケティング活動、スタッフのシフト計画、さらにはキッチンの作業効率化に至るまで、これらの方法を参考にしてもらうことで、飲食店の日常業務をよりスムーズかつ効率的に運営することが可能になると思います。

〈目次〉

デジタルで変革!オーダーシステムの効率化
 ・間違いなく、早く!オーダーの正確性とスピードの向上
 ・お客様の満足度を高める、顧客体験の改善

スマートに管理!在庫管理の効率化
 ・常に適切な在庫量を!在庫の最適化
 ・無駄なく経済的に!コスト削減と無駄の排除
 ・予約データを活用した在庫管理
 ・ネット予約でスムーズな席の管理

効果的な集客への道!マーケティングの効率化
 ・ターゲットに合わせたアプローチの強化
 ・SNSとメルマガでプロモーション活動の効率化

スタッフを最適に配置!シフト管理の効率化
 ・すべてのスタッフが活躍できる勤務の最適化

キッチンの流れをスムーズに!キッチンオペレーションの効率化
 ・綿密な計画で効率アップ!仕込みプロセスの改善
 ・高速かつ高品質!調理時間の短縮と品質の向上

▼ぐるなび公式Xアカウント▼

Xアカウントでは、最新記事や役立つ記事を毎日お届け中!ぜひフォローしてみてください。

ぐるなび - 飲食店様のお役立ち情報

デジタルで変革!オーダーシステムの効率化

間違いなく、早く!オーダーの正確性とスピードの向上

飲食店経営において、オーダーの正確さと迅速な対応はとても重要です。効率化のためにデジタルオーダーシステムを導入するのは、これらの課題に対する解決策のひとつ。例えば、お客様がタブレットやスマートフォンを通じて直接注文することが可能になっている状態を想像してみてください。このような直接的な注文方法は、従来の伝達ミスのリスクを減らし、注文から提供までの時間を効果的に短縮することができます。さらに、ピーク時の注文の混雑を軽減し、スタッフの作業負担を減らす効果も期待できるでしょう。

お客様の満足度を高める、顧客体験の改善

同時に、デジタルオーダーシステムは顧客の体験を大いに向上させる要素のひとつです。注文の自動化は、待ち時間を短縮し、注文の正確性を確保することができます。その結果、顧客は注文をより簡単かつストレスフリーに行うことが可能になります。また、デジタルメニューでは、写真や詳細な説明を加えることができるため、顧客が料理を選ぶ際の参考になり、選択のプロセスも(スタッフ抜きで!)サポートします。注文プロセスがスムーズになることで、顧客は食事をリラックスして楽しむことができ、これは結果的に顧客の満足度を高め、リピーターの増加につながるでしょう。

導入店舗拡大中!様々な業種で利用されてます

ぐるなびが提供するモバイルオーダーシステム「 ぐるなびFineOrder 」。
お客様のスマホで注文と会計ができるため、店内オペレーションが最適化され、店舗運営の業務負荷を軽減します。店内飲食もイートインも、どちらも対応可能です!

https://pro.gnavi.co.jp/fineorder/
まずはお問い合わせください

スマートに管理!在庫管理の効率化

常に適切な在庫量を!在庫の最適化

在庫を過不足ない状態で管理するには、効率的な店舗運営において極めて重要な役割を果たします。ここでも、ツールの使用はオススメです。在庫管理のソフトを活用することで、必要な食材の量を正確に把握し、過剰な購入や不足を避けることが可能になります。たとえば、在庫管理ソフトは販売データの分析を通じて、どの食材がどの程度必要かを自動で算出してくれます。これにより、食材の鮮度を保つと同時に、適切な在庫量を維持することができます。また、季節変化やイベントなどによる需要の変動にも迅速かつ柔軟に対応することが可能です。このような在庫管理の効率化は、コスト削減や廃棄物の減少にも役立ち、経営の最適化を助けてくれます。

無駄なく経済的に!コスト削減と無駄の排除

在庫管理を上手に行うことは、経費の削減にも大きく影響します。特に飲食店では、過剰な在庫が余計なコストを生み、生鮮食品の場合は廃棄することもしばしばではないでしょうか。在庫管理ソフトを使うことで、必要な食材を必要なタイミングで注文し、無駄な出費を減らせます。管理ソフトの導入により食材コストを20%超減らすことに成功したぐるなび加盟レストランの例もうかがっています。また、在庫を適切に管理することで、貯蔵スペースを効率的に使うことができ、そこを他の用途に活用することも可能になります。このように、賢い在庫管理は店舗運営全体にプラスの影響をもたらします。

予約データを活用した在庫管理

最近では、ネット予約のデータを活用した在庫管理が注目を集めています。たとえば、グルメサイトを通じて予約を受ける際、予約データを分析することで、人気のメニューや来店する客数、ピークタイムなどを予測することが可能です。この情報をもとに、必要な食材の量を事前に計算し、在庫を最適化することができます。さらに、予約データを利用することで、特定の日やイベントに合わせた食材の準備や特別メニューの提供もスムーズに行えます。このデータドリブンな在庫管理は、食材の無駄を削減し、顧客の期待に合わせた効率的な準備を実現することができます。

ネット予約でスムーズな席の管理

特に予約が多い飲食店では、席の在庫管理は非常に重要です。ネット予約システムを導入することで、席の使用状況をリアルタイムで把握し、予約の管理を最適化することが可能になります。たとえば、「ぐるなび」などの予約プラットフォームを利用すれば、オンラインでの予約受付がスムーズになり、店側は予約状況に応じて席の配置や準備を柔軟に行うことができます。

このシステムの大きな利点は、ピークタイムの予約を効率的に管理し、店舗の収容能力を最大限に活用できることです。特定の時間帯に予約が集中する場合、事前にデータを分析し、席の割り当てを計画的に行うことが可能です。また、予約が少ない時間帯は、ウォークインの顧客を受け入れるよう調整することもできるでしょう。

さらに、ネット予約システムを使用することで、キャンセルや変更への柔軟な対応が可能になります。顧客がオンラインで自分の予約を管理できるため、キャンセルや変更が生じた際も、席の在庫をリアルタイムで更新し、他の顧客に提供することができます。これにより、席が空いて無駄になるリスクを減らし、売上につなげることが可能になります。

効果的な集客への道!マーケティングの効率化

ターゲットに合わせたアプローチの強化

効率的なマーケティングは、適切なターゲット層へのアプローチにカギがあります。例えば、カップル向けにはディナーキャンペーン、家族向けには子供が楽しめるイベントを提案するなど、ターゲットに合わせたプロモーションが可能です。また、グルメサイトを活用し、特定の地域や食事の好みに基づいて顧客を引きつけることもできます。ぐるなびの店舗ページを利用して地元の食材を使ったメニューを強調し、地域住民や観光客を集客している居酒屋は数え切れません。

SNSとメルマガでプロモーション活動の効率化

マーケティングの自動化ツールを活用することで、広範囲の顧客に効率的にアプローチすることが可能です。たとえば、特定の日に合わせた割引やイベント情報をSNSで自動投稿することにより、興味を持ちやすい顧客層にターゲットを絞り込むことができます。また、メールマーケティングを利用して、過去に来店した客に向けて特別なオファーや新しいメニューの情報を送ることも、非常に効果的です。これらの戦略は顧客の関心を引きつけ、新規客の獲得やリピーターの来店促進につながります。あるカフェがメールマーケティングで毎月の特別メニューを紹介し、前月比で20%の売上増加を達成した事例もあります。このように、自動化ツールを利用することで、タイムリーかつ効果的に顧客にリーチすることができ、その結果として売上の向上に貢献することが可能です。自動化ツールの使用は、特に時間やリソースに制限がある小規模な飲食店にとって、効率的なマーケティング手法を実現するのに大きな助けとなります。SNSの自動投稿は、日々の忙しい業務の中でも一貫して顧客への情報提供を維持することを可能にしますし、メールマーケティングはパーソナライズされたアプローチで顧客のロイヤリティーを高める効果が期待できます。このような手法を取り入れることにより、顧客との関係を深め、繁盛する飲食店へと成長させていきましょう。

スタッフを最適に配置!シフト管理の効率化

すべてのスタッフが活躍できる勤務の最適化

飲食店におけるシフト管理の効率化は、スタッフの満足度と店舗の運営効率に大きく影響します。例えば、シフト管理ツールを使うことで、従業員の勤務可能な時間やスキルセットに基づいて、最適なシフトを作成することができます。これにより、忙しい時期には経験豊かなスタッフを多く配置し、閑散期には新人スタッフの研修に重点を置くなど、効率的な人員配置が可能になります。実際に、あるレストランではこの方法を採用することで、スタッフの残業時間を30%削減し、同時に顧客満足度を向上させた例も聞いています。適切なシフト管理は、従業員のモチベーションを保ちながら、店舗運営の効率を高める重要な要素となります。

キッチンの流れをスムーズに!キッチンオペレーションの効率化

綿密な計画で効率アップ!仕込みプロセスの改善

飲食店での仕込みプロセスの改善は、キッチン効率の向上において重要なステップです。まず、各メニューに必要な食材とその量を正確に把握し、リスト化することが大切です。これにより、必要な材料を一度に準備し、時間の無駄を防ぎます。

次に、キッチン内の作業フローを見直します。例えば、カットする食材を一カ所でまとめて処理する、調味料の準備の順番を明確にするなど、作業の流れを効率化します。また、特定の食材の仕込みを専門に担当するスタッフを配置するのも有効です。作業の速度と品質がアップするでしょう。

仕込み作業の時間管理も重要です。忙しい時間帯を避けて仕込みを行うことで、スタッフの負担を軽減し、集中して作業を進めることができます。また、頻繁に使う食材はあらかじめ大量に仕込んでおき、忙しい時に迅速に対応できるようにします。

このような仕込みプロセスの改善は、キッチン全体の効率を高めるだけでなく、調理時のストレスを減らし、迅速なサービス提供を可能にします。飲食店の成功には、適切な仕込みプロセスの確立が不可欠です。

高速かつ高品質!調理時間の短縮と品質の向上

キッチン機器の最新化も、調理時間の短縮に大きく貢献します。最新の調理機器を導入することにより、食材の調理を迅速かつ均一に行うことが可能になります。高速オーブンを使えば、ピザやグラタンなどの焼き時間を大幅に短縮し、それでいて品質を維持することができるでしょう。さらに、野菜のカットや食材のミックスなどの作業を自動化する機器を導入すれば、手作業にかかる時間を削減し、より多くの注文に迅速に対応することができます。このようなキッチンの効率化は、顧客の満足度向上に寄与するだけでなく、スタッフの作業負担を軽減し、長時間の勤務に伴う疲労を減らす効果も期待できます。

まとめ

この記事では、飲食店経営におけるさまざまな課題に対処するための5つの効率化テクニックをご紹介しました。デジタルオーダーシステムの導入、在庫管理の自動化、マーケティング戦略の最適化、効率的なシフト管理、そしてキッチンオペレーションの改善に至るまで、これらの手法は、日々の業務をスムーズにし、顧客満足度を高めることで、飲食店の長期的な成功に貢献します。これらの改善を実施することで、店舗はより快適な作業環境を実現し、スタッフの働きやすさと顧客体験の向上を両立させることが可能です。

ただし、効率化は一度限りの取り組みではありません。市場の変動、顧客ニーズの変化、新技術の登場など、常に新しい改善の機会があります。飲食店の経営者としては、これらの変化に柔軟に対応し、継続的に改善を図ることが重要です。効率化への持続的な取り組みは、店舗の持続可能な成長を支えるベースとなります。新しい挑戦を恐れず、常に進化を目指していくことで、飲食店は成長し続けることができるのです。ぐるなびも精一杯応援させていただきます。

飲食店の効率化に関する疑問や不安、具体的な相談事があれば、ぐるなびにお気軽にご相談ください。

「ぐるなび通信」の記事を読んでいただき、ありがとうございます。

ぐるなびでは、多くの飲食店経営者様との長年の実績を持ち、業界の専門知識を活かしてお手伝いさせていただきます。安心してお問い合わせください。

お問い合わせはこちらからどうぞ