2018/04/10 特集

どう集めて、どう活かす? ファンを増やす顧客情報活用術

宴会が増える歓迎会シーズンは、顧客情報を得る絶好のタイミング。上手に情報を獲得し、効果的に活用するには、どのような方法が有効なのか。効率的に情報を集め、ファンづくりに活かしている店に話を聞いた。-特集

URLコピー

宴会が増える歓迎会シーズンは、新たな顧客情報を得る絶好のタイミング。上手に情報を獲得し、効果的に活用するには、どのような方法が有効なのか。情報の集め方や活かし方を3店舗に聞いた。

顧客情報を分析し、ランチコースを開発して満足度UP!

【熊本・通町筋】魚匠ダイニング 八潮

ぐるなびが提供する予約・顧客管理システム「ぐるなび台帳」を活用。来店客の名前や電話番号、来店履歴などの情報を一括で管理している

「ぐるなび台帳」の活用で来店頻度などを把握!

熊本市電・通町筋駅近くに2017年6月オープンした「魚匠ダイニング八潮」。活魚店直営の居酒屋で、昼は女性、夜はビジネス層を中心に集客している。当初から予約受付の際に得た顧客情報(名前、連絡先、日時、人数など)を紙の台帳に記録するほか、幹事と名刺交換をする機会も多かったが、具体的な活用には至っていなかった。

この続きはPRO会員限定記事です。
PRO会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。