2020/10/01 特集

お得感&特別感で“あの店に行きたい”と思わせる! 人を呼び込む販促術

新型コロナの影響で厳しい状況の飲食業界。集客につなげるためには効果的な販促を打ち、お得感や特別感を感じてもらうことも重要だ。実際に集客に成功している店の取り組みを集客力向上のヒントにしていただきたい。

URLコピー

お得な会員制度などでコアなファンを多数獲得!

NEO 大衆酒場 オモイダマ(愛知・名古屋)

次回来店時の特典を書いた名刺を渡して再来店を促進

 JR名古屋駅から徒歩7分の大通り沿いのビル地下1階に、昨年3月オープンした居酒屋「NEO 大衆酒場 オモイダマ」。刺身の盛り合わせ「漁々盛り」(858円~)などの5大名物を売りに、会社帰りや出張で訪れたビジネス層を中心に集客している。

リピーターを生むお得な会員制度

常連獲得のためにオープン時から行っている会員制度「オモイダマサポーター」。サポーターになると無料でメガジョッキへの変更が可能になるなどの特典が付く。現在、会員は700名で、集客力を維持する原動力になっている

 新型コロナで多くの飲食店が苦しむ中、「オモイダマ」が高い集客力を維持できている要因の1つが、オープン以来続けている「オモイダマサポーター」という会員制度だ。「安定経営のため、4回以上来店してくれるファンを作りたいと考えて始めました」と代表の大里竜也氏。サポーターになる条件は、オリジナルシール(550円)を購入して携帯電話の裏に貼ること。「携帯電話に居酒屋のシールを貼るのは心理的に抵抗があると思いますが、本当に当店を気に入って何度も来店していただける方に入会してほしいので、あえてハードルを高くしました」(大里氏)。特典は2つ。サワーやハイボール、ソフトドリンクなど約45種類のドリンクについて、メガジョッキへのサイズアップが無料(通常220円)になることと、サポーター限定の裏メニューを注文できること。裏メニューは「さつま芋のさつま揚げ」(440円)など、300~500円のメニューを日替わりで4品ほど用意している。「メガジョッキはお得感、裏メニューは特別感を意識しました。一緒に来た方に『サポーターだから裏メニューを注文できる』と自慢されている方も多いです」と大里氏は語る。

サポーターは、メニュー表で赤い★マークがついているカテゴリーのドリンクすべてが、何杯でも無料でメガジョッキに変更できる
  • サポーターになる条件は、550円でオリジナルシールを購入して携帯に貼ること。毎回来店時にシールを見せれば特典を受けられる
  • サポーター特典として、裏メニューも注文できる。裏メニューの価格帯は300~500円で、日替わりで約4種類を用意

 このほか、新規客の中で、店を気に入ってくれそうだと感じた人には、会計時に大里氏が名刺の裏に感謝の言葉と次回来店時の特典を書いて手渡している。「新規のお客様にアプローチする理由は、2回来店していただければ、常連様になる確率が格段に上がると考えているからです。特典はそのお客様が気に入った料理や品切れで食べられなかった料理を1品無料にする場合が多く、メッセージにはその日の会話の内容を交えつつ、感謝の思いをしっかり書くようにしています」(大里氏)。

名刺を活用して2回目の来店を促進!

新規客を2回目の来店につなげるため、満足度が高そうだと感じた人には、名刺に次回来店時の特典とメッセージを書いて渡している

 こうしてファンを増やすなか、今年3月には1周年を記念したイベント「オモイダマ祭」(3月10日~12日)も実施。期間中は、生ビールとハイボールをすべて何杯でも5円で提供するという内容で、入口から1階に続く階段に行列ができるほど大盛況をおさめ、これを機にサポーターになる人も多かった。

インパクト大の周年イベントを開催!

3月10日~12日に周年祭「オモイダマ祭」を開催。生ビールやハイボールを5円で提供し、行列ができるほど盛況に

 ただ、緊急事態宣言下の4月からは客数も減少。「この時期は、ほぼサポーターしか来店していません。売上は落ちましたが、オープン1年で700人に増えたサポーターが、窮地を救ってくれました」と大里氏は笑顔を見せる。緊急事態宣言解除後は客足も戻り、売上の昨対比は6月120%、7月116%、8月111%と好調を維持している。「サポーターの多くが月に2回は来店されます。目標はサポーター1200人。達成できれば、サポーターの来店だけで毎月の売上目標をクリアできる計算です」と大里氏。今秋には2店舗目の出店も検討中で、さらなる成長を見据えている。

NEO 大衆酒場 オモイダマ(愛知・名古屋)
愛知県名古屋市中村区名駅南1-5-22 金森ビルB1
https://r.gnavi.co.jp/c2u1w5kn0000/
名古屋駅から徒歩7分。オフィスが集まるエリアの幹線道路沿いに、2019年オープン。名物のお造り「漁々盛り」などを売りに、30~40代のビジネス層を中心に集客している。
代表 大里竜也氏
焼肉店で店長を務めた後、株式会社エー・ピーカンパニーで3年間経験を積み、2019年独立。名古屋を中心に、業態の違う20店舗の展開を目指している。

全3ページ