2017/10/10 特集

人手不足の処方箋 店とスタッフが輝く労働時間の削減

人手不足が続く飲食業界。そのしわ寄せが、長時間労働となっているケースは少なくない。現場スタッフが活き活きと働くためにも労働時間の見直しが必要なのでは。店の業績を落とさず、労働時間を削減するには?

URLコピー

人手不足が続く飲食業界。そのしわ寄せが、長時間労働として現場にのしかかっているケースは少なくない。現場スタッフが活き活きと働くため、また人材を確保し、長く働いてもらうためにも、労働時間の見直しが必要なのではないだろうか。店の業績を落とさず、労働時間を削減するには?コンサルタントの二杉明宏氏に聞いた。

今回お話を聞いたのは・・・株式会社船井総合研究所 フードビジネス支援部 部長 上席コンサルタント 二杉明宏氏
飲食業界専門コンサルタント。株式会社船井総合研究所に入社以来、10以上の業種でコンサルティング活動に従事。特に、業態開発、新規出店、多店舗展開などのテーマでのコンサルティングに精通している。ローカルチェーンからナショナルチェーン、中国外食企業に至るまで、幅広いクライアントをサポートしている。

Introduction 労働時間削減と売上増は両立できる。企業イメージも上げ、選ばれる会社に

飲食業界でも始まった、労働時間削減の取り組み

この続きはPRO会員限定記事です。
PRO会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。