2020/10/27 特集

いま好調な店はココが違う!【第3回】店を支える看板メニュー

コロナ禍に揺れる飲食業界で、集客の目玉になっているメニューとはどんなものか。8店舗中、残りの4店舗のメニューを紹介。“あの料理”が食べたいと思わせる名物の人気の秘密に迫る。

URLコピー

魅力的なカキ料理が満載。カキ×ウニのコラボが客足回復を後押し!

Oyster bar UOICHI[埼玉・所沢]

食べ放題やランチセットでカキ好きのファンを獲得

 埼玉・新所沢駅から7分ほど歩いた住宅街の入口に立地する「OysterBar UOICHI」は、10坪15席で月商400万円を売り上げる人気店。「カキのある生活」「最高の生ガキと未体験のカキ料理」をテーマに、全国から仕入れるカキを使った料理で、カキ好きの女性やカップルを中心に集客する。

店内の入口を入ってすぐの場所には、その日に届いた新鮮なカキを並べてアピール。来店したカキ好きの人たちの期待感を高めている
  • 産地直送牡蠣1kg(10個)2750円/全国各地の生産者から仕入れる旬のカキをシンプルに味わえる人気メニュー。生はもちろん、蒸しにも対応している。テイクアウトも可能
  • 焼き牡蠣10種盛り合わせ 3300円/「ウニのせ牡蠣醤油仕立て」「豚バラ味噌漬け巻きクレソン添え」など、ユニークな名物「トッピング焼き牡蠣」(385円)の全10種盛り合わせは、見た目も鮮やか

 中でも「生牡蠣と豚肉黄金のウニ出汁しゃぶしゃぶ」(1760円)は、ウニのスープにカキをくぐらせて味わう人気メニューで、今年6月にはこの一品を組み込んだ「名物!生牡蠣&うにしゃぶ食べ放題」(6578円)を始めたところ大ヒット。客足回復の大きな後押しになった。「生はもちろん、豚肉や野菜と一緒にしゃぶしゃぶするのもおすすめ。これ目当てに来店する方が多いですね」とスタッフの橋本萌生氏。現在は、平日も予約で満席の日が続いている。

【POINT】カキのしゃぶしゃぶはテイクアウト、デリバリーも可能!

生牡蠣と豚肉 黄金のウニ出汁しゃぶしゃぶ 1,760円/生ガキを豚肉で巻き、ウニの出汁にくぐらせる名物。このしゃぶしゃぶを含め、生ガキ、焼きガキなどもテイクアウトやデリバリーが可能で、アフターコロナの需要に応える。
食べ放題のカキは生でも食べられる新鮮さ。しゃぶしゃぶセット1人前には、カキフライ1個、オリジナル焼きガキ2個、シメの雑炊が付く

 また、8月にはカキ入りのブイヤベース「UOICHIブイヤ」をメインにしたランチ限定の「UOICHIペアセット」(2名4378円)もスタート。「これまでランチはパスタが売りでしたが、昼からカキを堪能できると、喜ばれています」(橋本氏)と評判は上々で、ランチの客単価アップにつながっている。

【POINT】魚介たっぷり!シメはパスタかリゾットで

UOICHI ブイヤ 2人前3,278円/カキ、エビ、ムール貝など魚介がたっぷりのブイヤベース。昼のペアセットではこのほかに、本日の生ガキやカキフライなどが付く

 販促面では、店のLINE公式アカウントに友だち登録すると、その場で乾杯ドリンクをサービスするほか、いつ来ても生ガキとワインが20%オフになる特典を付け、来店客の登録を促進。2600名を超える登録者に対して、空席情報やイベントの告知を週1回発信している。着実にファンを増やす中、年末に向けてはメインの客層の女性を意識し、「少しずついろんな料理が楽しめるコースを開発中です」と橋本氏。「カキ好きな人がワクワクするものを提案していきたい」と意欲的だ。

  • 常に生ガキとワインが20%オフの特典を付けてLINE 公式アカウントへの登録を促進。リピーターの登録率は9割以上
  • 毎月11日は「UOICHIDAY」と、「UOICHI ブイヤ」を組み込んだお得な限定コース(5,000円)を提供する
Oyster bar UOICHI[埼玉・所沢]
埼玉県所沢市美原町5-2040-2
https://r.gnavi.co.jp/f17fn4ap0000/
常時4~7種そろえるカキが自慢の魚介バル。カウンターとテーブル席を備え、客層は30~50代の女性やカップルが中心。ファミリーの利用も増え、夜の営業は平日・週末を問わず予約で連日満席に。
スタッフ 橋本 萌生 氏
高校時代のアルバイトがきっかけで飲食業界へ。客として来店した同店に魅力を感じて、2018年に入店。接客のほか、予約管理、SNSの更新なども担当する。

全4ページ