2018/03/27 特集

スタイルがある店はかっこいい! 「行きたくなる店」の店舗デザイン

店舗デザインは、店の雰囲気を決定づけ、繁盛の鍵を握る大切な要素。「行きたくなる店」にするためには、どんな視点でデザインを考えたらよいのだろうか。店舗デザインのプロに話を聞き、3つの店を訪れた。

URLコピー
【今回お話を聞いたのは】
有限会社スタジオムーン 空間想設師 平野雅照氏

専門学校で店舗デザインを学び、設計施工会社で営業や施工管理を担当後、「スタジオムーン」に加入。本格的に飲食店のデザインを手がける。「スタジオムーン」は1991年に「デザインスタジオムーン」として創業。現在は東京・西麻布のほか、福岡市にもオフィスがある。イタリアン「イルキャンティ」全店のほか、大手有名焼肉店や居酒屋のデザインも確立。年間約50店舗を手がけている。
http://s-moon.co.jp/

「居心地(客)」と「使い勝手(店)」の絶妙なバランスが、「行きたくなる店」を作る!

ベースとなるのは「平面図」。客と店の双方の視点が必要

店舗デザインというと、壁や床の色や材質、テーブルや照明器具などの内装に注目しがちだ。もちろん、内装は、店舗デザインには不可欠な要素。だが、「一番大切なのは平面図です」と、店舗デザイナーの平野雅照氏は言う。

「平面図」とは、空間の様子を真上からの視点で図面化したもの。入口や仕切りの位置、厨房の位置や広さ、厨房機器とテーブル・椅子などの配置、トイレの位置などが、数十分の一の縮尺で正確に描き起こされる。

この続きはPRO会員限定記事です。
PRO会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。