食肉卸直営の強みを活かし地元のファミリーが集う店

米沢牛炭火焼肉 上杉 福島店-米沢牛一頭買いを行う卸直営の焼肉店。銘柄牛だけでなく、豚肉や鶏肉、米なども山形産のものを使い、テイクアウト商品の開発やリピーター対策にも力を入れている。-日本全国繁盛店

URLコピー

米沢牛炭火焼肉 上杉 福島店

福島 福島市・笹谷 焼肉

ベンチシートのテーブル席は、家族での食事にぴったり。ゆったりとした造りで落ち着いた雰囲気

山形・福島の食材を積極活用。厚切りのタン塩が大ヒット!

私鉄桜水駅から少し離れた住宅街に2000年オープンした焼肉店。経営母体は、一頭買いした米沢牛を中心に食肉の卸・販売業を手がけ、東京や仙台の百貨店で惣菜や弁当の販売なども行う株式会社エヌティエス。「米沢牛炭火焼肉 上杉」は、1号店の福島店を含め、県内外に4店舗を展開している。

飲食事業への参入について、常務取締役の情野喜文氏は、「ブランド力のある米沢牛でも、扱いづらい部位は買い手が付かないこともあります。例えば、モモ肉の『千本筋』は、その名のとおり筋が多くて調理しにくいのですが、薄く切って焼くと歯ごたえがあり、非常においしい。こうした部位を無駄なく活用したいと考え出店しました」と語る。

この続きはPRO会員限定記事です。
PRO会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。