気軽なバルスタイルと各地域の中国料理で人気に

四川料理と小吃 奏煖~カノン~-本格的な中国料理をバルスタイルで提供。看板メニューが「四川麻婆豆腐」で、中国から山椒や唐辛子を取り寄せ、ラー油やミンチ肉は料理ごとに使い分けている。-日本全国繁盛店

URLコピー

四川料理と小吃 奏煖~カノン~

大阪 福島区・福島 中国料理

明るくカジュアルな雰囲気の店内。カウンター席もあり、1人でも気軽に立ち寄れる

バルスタイルのカジュアルな雰囲気を売りに、2017年7月にオープンした中国料理店。「店名の通り、売りは小吃(一品小皿料理)と四川料理ですが、料理長は広東・上海・北京料理の経験もあります。バルスタイルとはいえ、提供するのは本格的な中国料理です」と話すのは、店長の中垣一大氏。

来店客のほぼ全員が注文するという看板メニューが「四川麻婆豆腐」(1,080円)だ。そのほかの「辛い系の料理」も含めて、本場中国から山椒や唐辛子を取り寄せ、ラー油やミンチ肉は料理ごとに使い分けるこだわりよう。日本在住の中国人や、中国に滞在歴のある日本人からも“現地の味”と太鼓判を押されている。また、「カノン特製チャーシュー」(1,339円)、「豚バラ肉の黒酢酢豚」(1,058円)なども人気で、度々メディアにも取り上げられ、遠方からの来店も増えている。接客は“距離感”を大事にしており、来店客のニーズや利用シーンに合わせて話しかけるタイミングを探る。あえてマニュアルは作らず、スタッフの個性を活かした接客を心がけている。

この続きはPRO会員限定記事です。
PRO会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。