2015/02/24 特集

ダメージを残さないクレーム回避&対処術

料理やドリンクの提供スピードから異物混入まで、来店客からのクレームはできれば避けたいもの。人不足になる時期は特に注意が必要だ。クレームを未然に防ぐ方法、出てしまった際の対処法を飲食のプロに聞く。-特集

URLコピー

料理やドリンクの提供スピードから異物混入まで、来店客からのクレームはできれば避けたいもの。繁忙期やスタッフが入れ替わって"人不足"になる時期は、特に注意が必要だ。クレームを未然に防ぐ方法、出てしまった際の対処法を、コンサルタントの白岩大樹氏に聞いた。

アップ・トレンド・クリエイツ代表 白岩大樹氏
1976年熊本生まれ。中央大学卒業後、板前として「なだ万」に勤務。2000年より「牛角」のスーパーバイザーを務め、2004年より、OGMコンサルティングにて集客コンサルタントとして活躍。2009年アップ・トレンド・クリエイツ設立。「汗を流すコンサルタント」として飲食店アルバイトを専門にコンサルティングを展開中。現場を直接動かすスタイルで数々の収益向上を実現している。

2015年の春、歓送迎会シーズンは"人不足"の深刻化が予想され、クレームが発生しやすい状況に!

「人不足」と「クレーム発生」、「売上低下」は密接な関係に

この続きはPRO会員限定記事です。
PRO会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。