地鶏料理とお得なランチでビジネス層や観光客を獲得

炭焼鳥将軍 鹿児島中央駅店 彩帆(いろは)-地鶏料理が売りの居酒屋。「薩摩地鶏の炙り焼」は注文率9割。薩摩地鶏のしっかりとした食感が楽しめると好評で、ビジネス層や観光客を中心に集客する。-日本全国繁盛店

URLコピー

炭焼鳥将軍 鹿児島中央駅店 彩帆(いろは)

鹿児島 鹿児島中央駅 居酒屋

間仕切りをすれば様々な人数で使える掘りごたつ席。ほか、小上がりにはテーブル席も

JR鹿児島中央駅から徒歩4分、飲食店が集まるエリアに2017年10月オープンした居酒屋。約30年前に天文館で創業した、地鶏料理が売りの「鳥将軍」の系列3店舗目で、ビジネス層や観光客を中心に集客している。

看板は、注文率9割を誇る「薩摩地鶏の炙り焼」(540円)。「薩摩地鶏のしっかりとした食感が楽しめる一品です。そのほか、「鶏しゃぶ」(3,758円)では比較的柔らかい熊本産の地鶏『天草大王』を使い、特徴に合わせて使い分けています」と、代表取締役の入佐悟氏は語る。また、鹿児島県垂水産のブランド養殖かんぱち「海の桜勘」や、「枕崎ぶえん鰹」、キダカ(うつぼ)など、地場の鮮魚の刺身も好評だ。ほか、2,700~5,400円で16種類ものコースを用意しており、全12品の「薩摩炙り焼きコース」(3,218円)の人気が高い。ランチは、「チキンから揚げ」(480円)や「鳥天ぷら」(520円)などを用意し、メインを注文すればサラダ、カレー、鶏飯、スープ、デザートが無料で食べ放題。お得でボリュームもあるとビジネス層に大人気だ。

この続きはPRO会員限定記事です。
PRO会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。