コロナ禍のニーズを的確に捉え、1日45万円を売り上げる人気店に!

愛知・豊田市駅近くのビル2階にある「居酒屋そわか~SOWAKA~」は、和の空間と親しみやすい接客、地元食材を使った炭火の串焼きなどを売りに、ビジネス層らを集客。満足度の高いランチやテイクアウトも人気だ。

URLコピー

居酒屋そわか~SOWAKA~

愛知 豊田市 居酒屋

惣菜食べ放題のランチから、ディナーの常連客を獲得

 大手自動車メーカーの企業城下町として栄える愛知県豊田市。その中心駅である豊田市駅から徒歩2分のビル2F(48坪)に、2020年11月1日にオープンしたのが、「居酒屋そわか~SOWAKA~」だ。開店した時期はGo To Eatキャンペーンの追い風もあり、初月には約500万円を売り上げ、翌12月には日商45万円に届く勢いを見せた。さらに2021年1月からはランチとテイクアウトを開始。認知とファンを増やして、前年を上回る売上を見込んでいる。

駅から徒歩2分のビル2階。黒と黄色の大きな看板が印象的で、遠くからの視認性も高い
店内に喫煙室を設け、煙草を吸う人も吸わない人も快適に過ごせるようにしている

 オーナーの津江康志氏は、地元出身の24歳。学生時代に豊田市駅前の居酒屋にアルバイトとして入り、そのまま社員となって計5年半勤めたが、父親の葬儀の日でさえ休みが取れない働き方に疑問を持ち、独立を決意した。

 独立にあたって見つけた場所は、以前、イタリア料理店だった居抜き物件。これを落ち着いた和の空間に改装するとともに、個室も新設してビジネス層が幅広いシーンで利用できる空間を作った。店名の「そわか」は、亡き父から贈られた、仕事をする上で大切な3つの言葉「そうじ・わらい・かんしゃ」の頭文字から命名した。この精神を心に刻み、「人が人を呼ぶ居酒屋」をコンセプトに、従業員が働きやすく、来店客に居心地がいいと感じてもらえる店づくりに注力。津江氏が積極的にホールに出て、会話をしながら来店客との結び付きを強めるほか、アルバイトスタッフに対しても「締めるところは締めて、楽しむところは全力で楽しむ」(津江氏)というスタイルで、コミュニケーションを取りながら、楽しくやりがいを持って働けるよう努めている。こうした店づくりによって、30~50代のビジネスマンを中心に集客。「気に入った店に繰り返し訪れる人が多い」(津江氏)というエリアで、「『そわか』の看板に似た色(黒と黄色)を見ると、店の雰囲気を思い出してまた来たくなる」と語る常連もいるほど、コアなファンづくりに成功している。

【POINT1】素材にこだわった串焼きや刺身が売り

世界三大品種といわれるブラックアンガスの「牛タン串」が大ヒット。生の牛タンを炭火でじっくり焼いた自慢の一品
豊田市内の業者から仕入れる鮮魚を豪快に盛り付けた「そわか盛り」。日本酒との相性が抜群と好評を博している

 料理の一番の売りは炭火の串焼き。なかでも、ブラックアンガスの「牛タン串」(858円)は「肉の鮮度にこだわり、炭火でじっくりと焼くことでうま味を引き出した自信の一品」と津江氏。また、刺し身を豪快に盛り合わせた「そわか盛り」(2,508円)も人気が高い。食材の多くは、信頼する地元の業者から仕入れており、津江氏は「地元経済に貢献し、魅力の発信地になることも私たち飲食店の役割だと考えています」と飲食人としての矜持を語る。

 宴会向けには、4,000円と5,000円(ともに飲み放題付き)のコースを用意。夜の通常営業ができるときは宴会が入ることも多く、シニア層が昼宴会で5,000円のコースを利用することも少なくない。

【POINT2】お得感&ボリューム感のあるランチが好調

  • ランチの一番人気「アジフライ定食」(700円)。ほかに「からあげ定食」(650円)、「刺身定食」(1,100円)、「カキフライ定食」(800円)などをラインナップ
  • 「日替わり定食」は種類が豊富で、毎日来店しても1カ月間は重ならないほど。写真は「煮込みハンバーグ定食」(700円)
  • ランチタイムは、ご飯・みそ汁・惣菜がすべて食べ放題でボリューム満点。ビジネス層や若者に喜ばれ、来店のきっかけになっている
  • コロナ禍で始めた弁当のテイクアウトが好調。6種類(各700円)を用意しているが、予算に応じて接待や法事向けに高単価の弁当も販売し、企業からの大口注文もあるという

 さらに、2021年1月からは、コロナ禍でのニーズを考慮してランチを開始。「販売チャネルを増やし、来店回数を上げることが主な狙い」(津江氏)で、収益よりも口コミで認知度が上がるようにお得感を重視。からあげなどの主菜に、ご飯・みそ汁・惣菜5~6種の食べ放題を付け650~1,100円で提供。これがヒットし、連日ランチタイムになるとビジネスマンらで満席になっている。「ランチで店を気に入っていただき、夜も来店してくださる方が多いですね」と津江氏は手応えを語る。また、同じ時期に弁当販売も開始。個人での利用が多いが、企業から70個以上の大口注文が入ることもあり、売上の柱の一つに成長している。

【POINT3】LINEでコアなファンを囲い込み、Instagramでも日々情報を発信!

Instagramでは、周年祭などのイベント情報や食材の仕入れ、メニューの情報などを配信して来店につなげている

 そして、集客ツールとして効果を発揮しているのがSNSだ。店が空中階であることから、オープン当初から力を入れており、2021年4~6月には、乾杯ドリンク無料の特典を付けてLINE会員を募集し、約200人の会員を獲得。その後、LINE会員にメニューの情報やテイクアウトの弁当などについて配信しており、LINEを使って弁当の注文をする常連も多いという。また、Instagramにほぼ毎日投稿しており、コロナ禍での営業状況、ランチの日替わりメニュー、食材や料理の情報、周年記念企画などを紹介。現在、2,300人以上のフォロワーがおり、Instagramを見て来店する人も少なくない。今年11月の周年祭では開店日にちなんで「レモン杯1円・ハイボール11円・生ビール111円」を打ち出し、これもInstagramやLINEで情報を発信し、多くの常連客の集客に成功した。

「今は店に体力をつけて人材を育て、店を増やしていきたい。店舗を増やして会社として大きくなったら、将来的に豊田市にショッピングモールを作るのが最大の夢。地元経済に貢献できる店・会社でありたいです」(津江氏)と将来を見据えている。

居酒屋そわか~SOWAKA~(愛知 豊田)
愛知県豊田市若宮町2-16-1 中村ビル2F
https://r.gnavi.co.jp/stjy4wj60000/
2020年11月1日、愛知・豊田市駅近くの空中階にオープン。炭火串焼きがメインの居酒屋で、落ち着いた和の内観。ランチやテイクアウトも好調でビジネス層を中心にファンを増やしている。
オーナー 津江 康志 氏
大学時代のアルバイトがきっかけで飲食企業に就職。従業員を大切にする経営者を目指して2020年8月に独立。地元を盛り上げ、人が人を呼ぶ店づくりに尽力する。

※本記事の情報は記事作成時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新の情報はご自身でご確認ください。

ぐるなび通信をフォローする