2018/02/13 特集

行動の改善が本来の目的! スタッフが変わる「叱り方」

経営者や店長がスタッフに注意したくてもできないというケースが増えている。そこで、本特集では「叱り方」にフォーカス。人材育成のプロに、スタッフの行動が変わり、成長につながる叱り方について聞いた。-特集

URLコピー

最近の飲食業界では深刻な人手不足から、「スタッフに辞められるのが怖いので叱れない」「若いスタッフへの指導の仕方がわからない」など、経営者や店長がスタッフに注意したくてもできないというケースが増えている。そこで、本特集では「叱り方」にフォーカス。企業の人材育成を支援する齋藤直美氏に、スタッフの行動が変わり、成長につながる叱り方について聞いた。

【お話を聞いたのは】株式会社ミュゼ 齊藤直美氏
外食チェーン本部人材育成部署にて、約8,000人の教育・研修を担当し、新人、管理職、社内講師の育成を行う。その後、2006年に株式会社ミュゼの設立に参画。“月曜日が待ち遠しくなる組織づくり”をコンセプトに企業のリーダー教育、組織活性化に携わり、全国各地で研修・講演を行っている。著書に「なぜ、あの上司は若手の心を開くのか」(青春出版社)、「部下がついてくる人、離れていく人の叱り方」(あさ出版)などがある。

「叱る」とは、成長につながる対話の1つ

「叱る」という言葉には、ネガティブなイメージがある。叱った相手であるスタッフと気まずくなったり、店全体の雰囲気が悪くなったり、叱ったことをきっかけに辞めてしまったり…。折からの人手不足のなか、スタッフに問題の行動があったとしても、「できれば叱らずに済ませたい」と思い、叱ることや指導することに消極的になっている経営者や店長も少なくないだろう。

この続きはPRO会員限定記事です。
PRO会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。