2018/01/30 特集

働きたい店になるためにやるべきこと、やれること

飲食業界における「人の問題」は待ったなしの状況。そんななか、経営者は何をしなければいけないのか。人が来る店になるための採用方法、業務改善、人材の育て方、評価制度など、識者の解説とともに紹介する。

URLコピー

ここ数年続く採用難、低下しない離職率など、飲食業界における「人の問題」は、まさに待ったなしだ。そういった厳しい状況の中で、経営者は何をしなければいけないのか。人が来る店になるための採用方法、業務改善、人材の育て方、評価制度など、識者の解説とともに紹介する。

Chapter 1 今、どんな“人の問題”が起きているのか?精神論では解決しない。人間の欲求に応える成長の“仕組み化”を!

株式会社スリーウェルマネジメント代表取締役社長
経営コンサルタント
三ツ井創太郎 氏大学生の時に家業が倒産。バーテンダーなどをして学費を稼ぐ一方、料理家・栗原はるみ氏のもとで5年間アシスタントとして料理の基本を学ぶ。大学卒業と同時に飲食企業に就職。レストランのキッチン、ホール、店長などを歴任した後、最年少で飲食部門統括責任者に昇進。多店舗化に向けた組織構築や業態開発、フランチャイズ本部構築などを10年以上経験。その後、株式会社船井総合研究所に入社。個人店から上場チェーンまで数多くの飲食企業の支援を行う。2016年、株式会社スリーウェルマネジメントを設立。多店舗化や上場を目指す飲食企業に対して「多店舗化の仕組み」や「年商10億円企業化パッケージ」などを提供している。長年に渡る現場経験で培った“実践的ノウハウ”を武器に個人店から大手外食企業、国内、海外まで幅広いクライアントに対して支援を行う。著書に「飲食店経営“人の問題”を解決する33の法則」(同文舘出版)がある。

店長が抱える「人の悩み」。飲食業界の風土も問題に

この続きはPRO会員限定記事です。
PRO会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。